FC2ブログ

奈良写真館道場

奈良の剣道場の試合や稽古の写真を中心に掲載する剣道写真ブログ/Kendo Photo Gallery

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012年2月19日 第8回 西善延杯争奪青少年選抜剣道大会 at 大阪市・舞州アリーナ

久しぶりの更新です。
ほぼ1ヶ月ぶりくらいです。
例年なら、1月には奈良県十津川村での試合があるのですが、昨年秋の大雨災害の影響で大会が中止になってしまいました。
また、珍しく私も、うちの息子もインフルエンザに罹ってしまい、稽古や、出稽古にも行けなかったりと、写真を撮りに行く機会がありませんでした。

さて、この日は今年初の試合ということで、大阪の舞州アリーナという大きな体育館で開催された、「第8回 西善延杯争奪青少年選抜剣道大会」に行ってきました。
大阪の住吉川剣友会さんが主催されている大会ですが、昨年12月に杯主の西善延先生がお亡くなりになられたため、追悼大会となりました。

試合は、3人一組での勝ち抜き戦で、奈良尚武館道場からも小学生低学年、小学生高学年、中学生とそれぞれAチーム、Bチームの2チーム、合計6チームで参加しました。


まずは、「この日のマイベストショット」はこちら。

DSC_2693_convert_20120220234253.jpg

会場の一番端の第12コートで行われた、中学生の一回戦、滋賀県の八幡西清流館道場Bチームと大阪の東能勢剣道クラブの対戦シーンです。
左側が東能勢剣道クラブの田中選手、右側が八幡西清流館道場の村松選手です。

たまたま、アリーナに入ってすぐのこの12コートの隅に何気なく腰を下ろし、写真を撮り始めました。
試合を撮るのは久しぶりなので、練習のつもりで撮ったこの日の一枚目の写真でした。
右側の村松選手の面をかわし、左側の田中選手が胴を打ち込んだところで、田中選手の右足が上がり、竹刀が相手の胴を捉える直前の瞬間を
うまく切り取ることができました。
シャッタースピードが、1/640と少し早めなので、両選手の動きを止めることができています。

構図的にも、タイミング的にも、この日撮った数百枚の写真の中で一番良かったです。
久しぶりの写真撮影ということで、撮る私も気合が入っていましたし、やはり試合の序盤で、まだ集中力が高かったのでしょうね。
決勝に近づくほど、実力伯仲の良い試合がたくさんあったのですが、撮る側の集中力が息切れし、安易に連写に頼ってしまったのがいけませんね。
午後からの写真は、かなりの確率でピントが合っていないか、タイミングを逃していました。
剣道も写真も、やはり「集中力」が肝ですね(笑)。

Nikon D300
SIGMA 50mm F/1.4
F2 1/640 ISO1600   WB:auto


続いて、ここからは奈良尚武館道場の選手の写真を何枚か・・・。

DSC_2889_convert_20120220234436.jpg

こちらは、小学生高学年Bチームの大将・吉川選手(左側)と大阪・小曽根剣友会の大道選手(右側)の対戦シーンです。
右側の大道選手が、吉川選手の面を狙って宙を跳んでいます。
腕もきれいに伸びています。
大道選手の面に天井からの照明がうまくあたって、面金の中の表情が読み取れますね。

Nikon D300
SIGMA 50mm F/1.4
F2.5 1/400 ISO1600   WB:auto


ここからは、奈良尚武館道場の中学生チームの試合を何枚か・・・。

DSC_2783_convert_20120220234319.jpg

左側の生成り道着が、奈良尚武館Aチーム・中堅の小池選手、右側が滋賀県・彦根城南剣道部Bチームの小林選手です。
小林選手の面をかわして、小池選手が胴を狙って動き出した瞬間です。
きれいに胴を打ち込んで行く小池選手の「左手の柔らかさ」が表現できたかな?、と思います。

Nikon D300
SIGMA 50mm F/1.4
F2.2 1/400 ISO1600   WB:auto


DSC_2852-2_convert_20120220234411.jpg

続いて、こちらも奈良尚武館・中学生Aチームの先鋒・沖田(和)選手です。
相手選手が面を狙って前に出てきたところを、うまくかわして面を打ち込んでいる瞬間です。
相手の面を捉えた竹刀が孤を描いて大きく変形していますね。

Nikon D300
SIGMA 50mm F/1.4
F2.5 1/400 ISO1600   WB:auto


DSC_3034_convert_20120220234529.jpg

こちらも再度登場の奈良尚武館・中学生Aチームの小池選手です(右側)。
相手選手越しに、小池選手が画面正面に見えていいアングルかな?と思います。
面の中の表情もきれいにうかがえますし、小池選手の竹刀がいい感じにブレて「躍動感」が表現できたかな?とも思います。
(AE優先モードで撮影していますが、自分の中ではベストなシャッタースピードと思っている「1/400」になっています。)
あとは、生成り道着の袴のひだの陰影がきれいに出ていますね。
紺道着より、白っぽい道着の方がコントラストがはっきり出るせいか、きれいに写るように思います。

Nikon D300
SIGMA 50mm F/1.4
F2.5 1/400 ISO1600   WB:auto


DSC_3087_convert_20120220234552.jpg

続いて、こちらは尚武館・中学生Aチーム大将の沖田(瑞)選手です。
先鋒の沖田(和)選手のお姉ちゃんです。
この日も、強豪の男子選手を相手に一歩も引けを取らず、良い試合を展開していました。

写真は、撮影している私にかなり近い位置に来たところを押えたので、アップになりました。
この日は会場も広かったので、200ミリの望遠レンズも持参していたのですが、
窓のない会場はやや暗い状態で、F値2.8の望遠レンズではシャッタースピードが1/100程度しか出ず、構えなど止まったシーンしか撮影できないので、
途中から、いつもと同じくF値1.4の50ミリ単焦点レンズに変えて撮影しました。
被写体の後ろのボケ具合は望遠レンズの方が圧倒的に良いのですが、キレのある描写力ではこの単焦点レンズの方が圧倒的に良いように思います。
沖田選手の面金の中の、緊迫感あふれる表情まではっきり読み取れますね。

Nikon D300
SIGMA 50mm F/1.4
F2.5 1/400 ISO1600   WB:auto


DSC_2811_convert_20120220234347.jpg

こちらは、奈良尚武館・中学生Bチームの3人で、左から中堅の西口選手、真中が先鋒の橋本選手、右が大将の居場選手です。
試合前の緊張感溢れるシーンを撮影してみました。
単焦点レンズなので、ズームできないため、被写体に寄れるのは試合前くらいしかなく、こういった構図の写真も時々狙っています。

Nikon D300
SIGMA 50mm F/1.4
F2.2 1/400 ISO1600   WB:auto


DSC_2987_convert_20120220234500.jpg

こちらは、奈良尚武館道場の中学生Bチームの大将・居場選手(左側)が胴を抜いた直後のシーンです。
面金の中の表情から、「胴~ッ!」と声が聞こえてきそうです。

Nikon D300
SIGMA 50mm F/1.4
F2.2 1/640 ISO1600   WB:auto


ここからは、奈良尚武館道場の選手以外で、この日の試合で特に印象的だった対戦を紹介してみます。
もちろん、写真がそれなりに撮れたものだけですが・・・。
(実際には、ここで紹介する対戦以外にもたくさん素晴らしい試合はあったのですが、写真の腕がついて行かずで、申し訳ありません。)

DSC_3110_convert_20120220234614.jpg

こちらは、中学生の部10コートの4回戦、コート準々決勝で、大阪の城東警察署少年剣友会さんと奈良の奈良二名会さんの対戦で、
右側が城東警察署少年剣友会の中堅・橋本選手、左が奈良二名会の大将・小谷選手です。
右側の橋本選手は、女流剣士ですが、とてもきれいで力強い剣道をされ、ここまでもとても素晴らしい試合をされていました。
写真は、左側の小谷選手が面に出るところを読んでいたかのように、巧みに胴を狙って打ち込んで行く瞬間です。

Nikon D300
SIGMA 50mm F/1.4
F2.5 1/320 ISO1600   WB:auto


DSC_3114_convert_20120301200845.jpg

同じく、大阪の城東警察署少年剣友会の橋本選手(右側)と奈良二名会の小谷選手(左側)の対戦です。
今度は逆に、左側の小谷選手が橋本選手の胴を抜こうとする瞬間かと思います。
橋本選手が腕で防いで、きれいに胴を抜くことができませんでした。
写真的には、小谷選手の面にきれいにピントが合って、険しい表情が読み取れるところがいい感じです。

Nikon D300
SIGMA 50mm F/1.4
F2.5 1/400 ISO1600   WB:auto


DSC_3158_convert_20120220234639.jpg

続いて、こちらも中学生の部10コートの4回戦、コート準々決勝で、奈良県同士の対戦で、鴻ノ池道場と奈良心剣道場Aチームの対戦です。
試合は大将戦までもつれ、右側は鴻ノ池道場の小角選手、左側が奈良心剣道場の安井選手です。
写真は、安井選手の引き胴を、小角選手が竹刀で防いでいるところでしょうか?
小角選手は女流剣士ですが、全国でも活躍する強豪選手ですし、安井選手も昨年の道連個人戦準優勝の強者。
同じ奈良県勢同士ですが、この二人が直接対決するのは初めて見ました。
手に汗握る接戦でしたが、安井選手のパワーに押され、小角選手が2度の場外反則をとられ、あっけない幕切れとなりました。
小角選手の無念さももちろんですが、この対戦の行方を期待していた観客すべてが残念がった試合ではなかったかと思います。

Nikon D300
SIGMA 50mm F/1.4
F2.5 1/400 ISO1600   WB:auto


DSC_3298_convert_20120220234701.jpg

続いて、こちらも中学生の部10コートの準決勝、同じ奈良県勢の奈良心剣道場Aチームと習心館道場Aチームの対戦です。
この大会では、最終的に奈良心剣道場が中学生の部で優勝するのですが、その奈良心剣道場がこの日最も追い込まれたのが、この習心館道場との対戦ではなかったかと思います。
先鋒の山尾選手(習心館)と角谷選手(奈良心剣)が引き分け、次鋒戦は、習心館道場の岡本選手が、奈良心剣道場の山田選手に勝利し、
先に奈良心剣道場の大将・安井選手が登場することになりました。
その後、大将同士の戦いになり、習心館道場の塚本選手が登場しました。
制限時間の3分では決着がつかず、長い長い延長戦に突入しました。
圧倒的なパワーで押す安井選手に対し、冷静に好機を狙う塚本選手、一進一退の素晴らしい対戦になりました。
写真は、右側の奈良心剣道場の安井選手が、左側の習心館道場の塚本選手の面を狙って跳び込む瞬間です。
最後は、安井選手が小手を決め、勝利しました。(残念ながら、その瞬間を捉えることはできませんでした。)
この日見た試合の中で、一番緊迫した素晴らしい試合だったと思います。
両者の健闘を称えたいと思います。

Nikon D300
SIGMA 50mm F/1.4
F2.8 1/250 ISO1600   WB:auto


DSC_3343_convert_20120227125659.jpg

こちらが、その習心館道場の塚本選手。
安井選手に対して、引き面を放った直後のシーンです。
緊迫感が伝わってくる絵になったかな、と思います。

Nikon D300
SIGMA 50mm F/1.4
F2.8 1/250 ISO1600   WB:auto



DSC_3457_convert_20120220234722.jpg

こちらは、中学生の部、準決勝戦で、同じく奈良県勢同士の対戦で、奈良心剣道場Aチームと南十津川少年剣道クラブBチームの対戦です。
写真は奈良心剣道場の先鋒・角谷選手(左)と南十津川少年剣道クラブの大将・西田選手(右)の対戦シーンです。
角谷選手はこの日、素晴らしい試合をされ、中学生の部・準々決勝、城東警察署少年剣友会との対戦に続き、
準決勝のこの南十津川少年剣道クラブ、そして決勝の修心館村本道場(奈良県)との対戦でも見事3人抜きを達成されました。
本当に素晴らしい!

終わってみれば,中学生の部の優勝は、奈良心剣道場Aチーム、準優勝が修心館村本道場Aチーム、3位が南十津川少年剣道クラブBチーム、そして大阪の小山田源流館となり、
4強のうち3つまでが奈良県勢ということで、奈良県の中学生、特に3年生の強さが改めて証明された試合でした。
中学3年生の選手たちも、4月になれば、それぞれに新しい進路に踏み出すことになりますが、それまでの残り少ない時間で、また彼らの勇姿が見られることを楽しみにしています。

Nikon D300
SIGMA 50mm F/1.4
F2.5 1/500 ISO1600   WB:auto

スポンサーサイト
  1. 2012/02/20(月) 23:56:39|
  2. 試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<2012年2月25日 奈良尚武館道場・通常稽古 at 奈良市・富雄中学校体育館 | ホーム | 2012年1月21日 奈良尚武館道場・通常稽古 at 奈良市・富雄中学校体育館>>

コメント

ひでさんへ
どの写真も迫力があっていいですね。
私の撮った写真はどれもブレとボケでさっぱりです。
一眼レフカメラがほしいところですが、監督が大きなカメラを持ちながらの指導はできませんし、良い写真も撮りたいし。
小型なミラーレスカメラなんてどうなんでしょうね。
  1. 2012/02/22(水) 18:58:25 |
  2. URL |
  3. HIRO #0DW/rr8Y
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

HIROさん

コメントありがとうございます。
時々、HIROさんのブログも拝見させて頂いております。

剣道の写真は本当に難しいですねぇ。
私も、息子の剣道の写真を撮り始めた時は、コンパクトデジカメでした。
コンパクトながら結構いい性能のものでしたが、それでも、暗い体育館の中でフラッシュも使えず、
全然満足の行く写真が撮れなかったもので、動きの速い剣道を撮るには、一眼レフカメラが是非とも必要ということで、
清水の舞台から跳び込む思いで、その当時、そこそこいい一眼レフカメラを購入しました。
しかしながら、だんだんいい写真が撮れるようになると、人間欲が出るものですねぇ、
もっといい瞬間を捉えたくて、より上位の機種と性能の良いレンズが欲しくなるという、
いたちごっこになってしまいます(笑)。

最近話題のミラーレスカメラは、まだ使ったことがないのでよく分かりませんが、
剣道の早い技の瞬間を捉えるためには、「高感度性能」と「明るいレンズ」が絶対必要かと思います。
そういう点では、ミラーレスカメラではまだまだ一眼レフカメラに追いつけないのでは?と思ってしまいます。

大きな大会に行くと、監督をしながら一眼レフカメラで撮影をされている先生も見かけることがありますが、
撮影も集中力が必要ですし、監督業と撮影を両立させるのは難しそうですね。
まずは、子供たちが勝ち上がってくれて、たくさんの撮影機会を増やすことが大事ですので、
子供たちをその気にさせる監督の方が優先になりますよね(笑)。
保護者の方で、撮影を担当して下さる方がいらっしゃるといいですね。

こんなご返事お役に立てたか分かりませんが、多少なりとも参考になれば良いのですが・・・。

これからもHIROさんのブログも楽しみにしています。
今後ともよろしくお願いいたします。


> ひでさんへ
> どの写真も迫力があっていいですね。
> 私の撮った写真はどれもブレとボケでさっぱりです。
> 一眼レフカメラがほしいところですが、監督が大きなカメラを持ちながらの指導はできませんし、良い写真も撮りたいし。
> 小型なミラーレスカメラなんてどうなんでしょうね。
  1. 2012/02/22(水) 20:15:23 |
  2. URL |
  3. ひでさん #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

私もよく写真を撮るのですが、コンパクトデジカメなため(腕も悪いのですが)、ここまでの色合い&瞬間を捕らえることが出来ません。

ここで勉強させてもらいながら、いつかの一眼レフを夢見て努力していきたいと思っています。

  1. 2012/02/23(木) 10:32:42 |
  2. URL |
  3. panda #eFktVeRs
  4. [ 編集 ]

Re: はじめまして

pandaさん

このたびはコメントありがとうございます!

なかなか剣道の写真を撮るのは難しいですね。
私も思考錯誤しながら、今のスタイルに落ち着いています。

実は、私の剣道写真ブログを始めるきっかけになったのが、北海道のくまっちさんがやっておられるブログ、
「剣道観戦記 ―撮影技術備忘録-」です。
私のブログのリンク欄からつながりますので、よろしければ、くまっちさんのブログもご参考にされてはいかがでしょうか?
とてもためになる剣道を撮影するためのヒントが紹介されています。

また、今後ともいろいろと情報交換などさせてください。
よろしくお願いいたします。


> 私もよく写真を撮るのですが、コンパクトデジカメなため(腕も悪いのですが)、ここまでの色合い&瞬間を捕らえることが出来ません。
>
> ここで勉強させてもらいながら、いつかの一眼レフを夢見て努力していきたいと思っています。
  1. 2012/02/23(木) 13:15:20 |
  2. URL |
  3. ひでさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shashinkandoujyo.blog71.fc2.com/tb.php/128-d784cb17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひで

Author:ひで
自称・剣道写真家(笑)。
私も、小学校、中学校の頃は剣道をやっていました。
息子が、私と同じ道場に小学校~中学校まで9年間通っていました。
その息子も今は高校生になりました。
息子の写真を撮ることがきっかけで始めた写真撮影も、今はすっかり「従軍カメラマン」のように、道場の試合や稽古会について行き、道場の子供たちだけでなく、いろんな人のいろんな剣道の写真を撮影することにはまってしまいました。
熱心に剣道を習う、子供たちの一途な姿に感動を覚え、その美しい「瞬間」を写真という形で表現できたらと思っています。

剣道は、いろいろな制約があって、とても難しい被写体だと思います。
これまでいろいろと試行錯誤を重ねながら、撮影技術を身につけてきました。
撮影にあたってのヒントなどもご紹介しながら、これから剣道の写真を撮られる方にとっても、少しばかりの参考になればと思っています。

「剣道の写真」を通じて、剣道の楽しさや素晴らしさを少しでも伝えられたらと願っています。
また、このブログを通じて、剣道を始めたり再開したりするきっかけになれば嬉しいです。

これからも、『剣道』×『写真』、これにこだわって、硬派にブログを綴っていきます(笑)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
試合 (128)
イベント (13)
稽古 (33)
試合会場 (3)
記念写真 (6)
画像効果 (1)
写真コンテスト (11)
剣道カレンダー (1)
デジブック (1)
案内 (1)
高校・部活 (4)
錬成大会 (3)

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

フリーエリア

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ スポーツ写真へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。